腸内美人を目指せ!水素水がもたらす体質改善セレクション

>

原因で変わる便秘の種類~水分摂取は水素水で効果的に栄養補給~

>

原因で変わる便秘の種類~水分摂取は水素水で効果的に栄養補給~

あなたのタイプはどれ?お通じの悩みを細分化して改善のヒントを知る

便秘には、原因や症状の違いによっていくつかの種類があることを知っていますか?お通じがこない=便秘と解釈するのではなく、その原因を詳しく知った上で対処する必要があります。また、便秘解消に有効な水素水は、単に飲めばいいのではなく、摂取目安量や効果的な摂取方法を知ることが大切です。体質改善に関わる便秘と水の関係を知り、正しく取り入れましょう。

便秘の種類を知る

女性を悩ます便秘は、根本的な原因を知ることが必要です。その上で原因を紐解くカギを握るのが便秘の種類であり、この部分がクリアになれば効果的な解消法が分かります。

機能性と器質性の違い

便秘の種類は、大きく分けて「機能性」と「器質性」の2つに分類されます。同じ便秘でも、種類の違いによって原因や症状は異なります。ここで、機能性と器質性の違いを見ていきましょう。

  • 機能性便秘

    胃・小腸・大腸などの消化器官に異常や機能低下が見られる場合に起こるタイプ。生活習慣や栄養バランスによって引き起こされるので、病的な要因に関わるものではありません。また、機能性の中でも一過性型と慢性型に分かれていて、後者の慢性型には注意が必要です。

  • 器質性便秘

    腸内の動きが鈍くなる、腸自体の大きさや長さに疾患がある場合に起こるタイプ。大腸がん、腸閉塞、腹膜炎などの病気によって引き起こされるもので、病気が進行すると血便や嘔吐を伴うものもあります。生活習慣や栄養バランスよりも、病院での早期治療が必要です。

慢性型に要注意

女性に多い便秘のタイプと言われているのが「機能性便秘」。その中でも慢性型の症状を放置していると、健康と美容に悪影響を及ぼします。ここで、注意しておきたい慢性型の種類と特徴を見てみましょう。

慢性型の種類 特徴
弛緩性 大腸のぜん動運動が低下することによって起こります。筋力の低下で排便能力が低下しているケースもあり、出産を経験した女性や高齢者に多く見られます。
痙攣性 自律神経の乱れや心理的なストレスによって起こります。痙攣性は、弛緩性と違ってぜん動運動が活発になりすぎるので、下痢や便秘を交互に繰り返す症状が多いです。
直腸性 大腸の手前にある直腸で便が溜まることによって起こります。便意がない状態が続くことによる激しい腹痛、カチカチの便が肛門に影響して痔を引き起こすこともあります。

「水分」を効果的に摂取

便秘解消は、腸内環境を良くする栄養素を摂取したりぜん動運動を活溌にさせるエクササイズを取り入れたりすることで一定の改善効果が得られます。ただ、最近はその他にも腸内環境を良くする効果がある水素水が注目されています。では、一体どのようなメカニズムで水素水がお通じを良くするのかを見ていきましょう。

  • 1日の水分摂取目安量

    体内から排出される水分量は、1日あたり約2~2.5L。これは、発汗、排尿、排便といった生理機能で排出されており、気温が高くなる夏場はさらに増えます。これを考慮すると、1日に必要な水分摂取の目安は同量になると思われますが、食事によって摂取する水分もあります。そのため、飲料水で補給する目安となるのは約1.5L以上が理想的であると言われています。

ミネラルウォーターと水素水の違い

水分補給の定番と言えば、市販のミネラルウォーターが人気です。ただ、便秘解消に期待できる水素水とどのような違いがあるのか知らないという人は多いでしょう。ここで、この2つの違いがどこにあるのかを見ていきましょう。

  • ミネラルウォーター

    ミネラルウォーターの原料は、加熱処理された地下水や湧き水。殺菌・消毒された水道水とは違い、水本来の美味しさが味わえます。また、原産地により水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が変わり、基準値となる硬度で軟水や硬水に分けられます。

  • 水素水

    ミネラルウォーターへ高濃度の水素分子を充填していく処理を行なったものが水素水です。水素分子をマイクロバブル化して、ミネラルウォーターと融合させます。ミネラルウォーターの製造工程とは別ラインを設ける必要があることや独自の技術が求められることから、他の水よりも販売価格が高く設定されています。

    水素水の弱点を活かすポイント

    美容や健康に対して意識の高い人から愛飲されている水素水ですが、摂取方法を間違えると水素分子が抜けてしまう恐れがあります。この弱点を把握することで、効果的な水素水の摂取が可能です。

  • ①容器を振らない!

    水素水の水素は、特殊製法によって水に溶け込んでいるため、容器を振ると気化して抜けてしまいます。密封状態であれば問題ないですが、不用意に振ってしまうことで抜けてしまう恐れがあるので注意をしましょう。

  • ②常温もしくは冷水で飲む!

    非常にデリケートな水素分子は、加熱すると成分が拡散してしまい普通のミネラルウォーターに戻ります。成分を逃さず摂取したい場合は、常温か冷水で飲むようにしましょう。

  • ③開封したらすぐに飲む!

    水素水の水素は空気に触れることでも気化してしまうため、一度開封したらすべて飲むのが基本。効率よく新鮮な水素水を摂取したい場合は、飲みきりで密封度が高いアルミパウチタイプがおすすめです。

s